ひだの森シリーズ

商品開発を通じて訪れた飛騨市は、広葉樹の宝庫。
ものづくりの現場では、作り手の皆さんの熱い思い、そして森と地域の深いつながりを感じました。

「飛騨産の木材を活用し、
森や木をもっと身近に感じられる商品をお届けしたい」

そんな想いから、ひだの森シリーズは生まれました。
商品を手に取って、一本の木、
さらには飛騨の森に思いを巡らせてみてください。
樹木図鑑はこちら

FEATURES

01.飛騨産広葉樹を使用

総面積の94%を森林が占める飛騨市。
そのうち68%は広葉樹で構成されています。広葉樹が持つ、樹種が多く、木目や形がバラバラという個性を活かした商品を開発しています。

画像提供:広葉樹コンシェルジュ及川さん

02.小径木から製作

直径が26cm以下の細い「小径木」。
その中でも、家具にするにも扱いにくいサイズの木材を原料としています。扱いづらさから安価に流通している小径木の価値を高めることを目指しています。

画像提供:広葉樹コンシェルジュ及川さん

03.ひとつひとつちがう

木材は種類や生育環境によって、同じ樹種でも木目や色味が異なります。一本の木をとっても、加工する部位によって模様が違うので、同じ商品は一つとして存在しません。

※画像は全てケヤキのコースター

04.ひだの森ロゴ

ロゴには飛騨産広葉樹を代表する樹木のひとつである、楢(ナラ)の葉とドングリを。里山だけでなく公園や街路樹でも見られる身近な木を選びました。

主な樹種

広葉樹の樹種は約20万種。飛騨の森にも多種多様な樹木が生育しています。
そんな広葉樹の中から、ひだの森シリーズで使用している主な木の種類をご紹介します。

詳しく見る